画像をブログにアップするまでの流れ【iPhone・iPad編】

iphone-563064_1280

どうも。ノッツです(^o^)/

ブロガーの皆さん、ブログに画像を載せるのにどのような手順で行っていますか?

人それぞれだと思いますが、何かの参考になればと私がブログに画像をアップするまでの流れを紹介しようと思います。

今回は、iPhoneやiPadで撮影した写真やスクリーンショットについてです。

基本的にiPhoneで説明していきますが、iPadの場合も同じです。

主に、Macのデフォルトのアプリケーション、Adobe製品であるPhotoshopを利用します。

Photoshopは、Creative Cloudに申し込むことで使うことができます。

追記:PCのスクリーンショットとカメラの写真をブログにアップするまでの流れの記事を書きました。

画像をブログにアップするまでの流れ【PCスクリーンショット編】
どうも。ノッツです(^o^)/ 前回、私がiPhoneの画像をブログにアップするまでの流れを紹介しました。 今回は、パソコン(特にMac)で作成したスクリーンショットをブログにアップする...
画像をブログにアップするまでの流れ【カメラ写真編】
どうも。ノッツです(^o^)/ 先日、私がiPhoneやパソコンのスクリーンショットの画像をブログにアップするまでの流れを紹介しました。 食べ物などを紹介するときに、カメラで撮影...
スポンサーリンク

iPhoneやiPadで撮影した画像をパソコンに取り込む方法

まず、iPhoneで撮影した写真やスクリーンショットをパソコン(Mac)に取り込むので、その方法を説明していきます。

写真アプリの起動

Macにデフォルトで入っている(Yosemite以降)、【写真】アプリを使用します。

iphone_photo_up_blog1

写真アプリを起動し、タブから「読み込み」を選択します。

このとき、iPhoneとMacをLightningケーブルで接続しておく必要があります。

iphone_photo_up_blog2

Lightningケーブルを接続しなくともクラウド経由で取り込むこともできますが、その場合は以下の設定を予めしておく必要があります。

iPhoneの【設定アプリ】から【iCloud】をタップします。

《iCloud》画面の「写真」をタップし、「iCloudフォトライブラリ」をオンにします。

Macの写真アプリのメニューから【写真】から【環境設定】をクリックします。

《iCloud》画面の「iCloudフォトライブラリ」をオンにします。

こうすることで、自動的に写真アプリに取り込まれます。

写真アプリ内に取り込み

写真アプリ内に取り込むために、ドラッグ&ドロップなどで取り込みたい画像を選択します。

今回は全ての画像を選択したので「すべての新しい写真を取り込む」を選択し、写真アプリ内に取り込みます。

写真アプリを使う場合、一旦写真アプリ内に取り込まないとMacのFinder内に取り込むことができません。直接取り込める方法があればいいのですが…

一部の写真を取り込みたい場合は「選択項目を取り込む」を選択します。

iphone_photo_up_blog4

取り込みが完了すると、アルバムに移動し取り込まれていることを確認します。

iphone_photo_up_blog5

Mac内に移動

続いて、写真アプリ内の写真をMac内に移動します。

アルバムからMac内に取り込みたい写真をドラッグ&ドロップなどで選択し、ドラッグ&ドロップでMac内のFinderなどに移動させます。

取り込み先のFinderの名前は、「日付@分かりやすい名前」にしています。今回は「2015-07-30@iPhoneの画像をUPする方法」です。

この方が過去にブログにUPした画像を後から探しやすいためです。

iphone_photo_up_blog6

ファイル名の変更

写真アプリ内からMac内のFinderに移動すると以下のようになります。

iphone_photo_up_blog8_1

ファイル名がデフォルトの状態になっているので、分かりやすいファイル名に変更しています。

分かりやすいファイル名に変更したほうがSEO的に良いと思っているからです。

以下の記事のように一括で変更したほうが効率的です。

ファイル名を一括で変更する方法[Mac、AdobeCreativeCloudユーザー向け]
こんにちは。ノッツです(^o^)/ パソコンを使っていて一括でファイル名を変更したいことがよくあります。 たとえば、たくさんスクリーンショットを撮って、ファイル名を変更してからブログにアップした...

ファイル名を変更して以下のようにしました。

iphone_photo_up_blog8

スポンサーリンク

Photoshopで編集

Photoshopを使って画像を簡単に編集します。

ブログに載せる画像を一旦全て開きます(Web用に最適な画像として保存も行うので)。

基本的にやることは、説明をしている箇所を示すために赤色などで囲んだり、見せたくない箇所をモザイクをかける2通りです。

編集する必要のない画像は、ここの編集作業を飛ばします。

iPhoneの画像は、スクリーンショットのみしか基本使いません。

写真を使うときは色などを編集することが多いですが、こちらの方法は別記事でUPします。

追記:写真をブログにアップする方法の記事を書きました。

画像をブログにアップするまでの流れ【カメラ写真編】

iphone_photo_up_blog9

説明をしている箇所を示す

赤色で囲む場合は以下のようにします。

「角丸長方形ツール」を選択します。このとき「シェイプ」になっていることを確認します。

あとは色や線の太さなどを設定し、説明したい箇所をドラッグ&ドロップすればできます。

iphone_photo_up_blog9_2

見せたくない箇所にモザイクをかける

モザイクをかける場合は以下のようにします。

「長方形選択ツール」を選択し、モザイクをかけたい箇所をドラッグ&ドロップで選択します。

メニューの【フィルター】から【ピクセレート】の「モザイク」をクリックします。

iphone_photo_up_blog10

モザイクのセルの大きさを選び、「OK」をクリックします。

画面上でモザイクのかかり具合を確認できるので便利です。

iphone_photo_up_blog11

これでモザイクをかけることができます。

2回目以降、同じフィルターをかける場合は、command + F でできるので便利です。

iphone_photo_up_blog12

PhotoshopでWEB用に書き出し

編集が終わると、Web用に最適な画像として書き出しを行います。

アクション機能を使って予め登録しているのでワンタップで終わらせしますが、まだアクション機能を設定していないとして説明します。

アクション機能については以下の記事で説明しています。アクションとして以下の操作を登録して使うことで、効率よくWeb用に最適な画像を作成できます。

Photoshopでよく使う作業をアクションに登録して効率よく利用する方法
どうも。ノッツです(^o^)/ 言わずと知れた画像編集ソフトとして「Photoshop」があります。 私はブログに写真を載せるときの編集やWeb用に書き出すときなどに使っています。 昔は数...

メニューの【ファイル】から【書き出し】の「書き出し形式」をクリックします。

iphone_photo_up_blog13

《書き出し形式》画面となるので、保存形式や画像サイズを設定します。

iphone_photo_up_blog14

私は以下のように設定しています

  • 保存形式:JPG
  • 画質:30%
  • 画像サイズ幅:700px

設定する際に注目すべきところは、プレビュー画面の右下にでているファイルサイズです。

画像サイズを変更すると、そのときのファイルサイズが確認できます。

あまり大きいサイズにするとSEO的やユーザービリティ的によくないのでなるべく小さいサイズに設定します。

iphone_photo_up_blog15

拡大縮小機能を使って、変更後の画質も確認できます。

iphone_photo_up_blog16

設定が終われば、「書き出し」をクリックします。

書き出し専用のFinderに書き出した画像を保存するようにしています。

iphone_photo_up_blog17

「書き出し」をクリックすることでWeb用に最適な画像が作成され保存されます。

上記で説明してきたことをアクションで登録することで、次からはワンクリックで書き出しが実行されます。

画質を30、50、70の場合を作っていますが、最近は画質30しか使っていません。

iphone_photo_up_blog18

ブログ(WordPress)にアップ

最後に、作成した画像をブログにアップします。

WordPressの場合は、ドラッグ&ドロップでブログ内に選択した画像を一気に取り込めるので簡単です。

iphone_photo_up_blog20

さいごに

私がiPhoneやiPadの画像をブログに取り込むまでの流れをPhotoshopでの編集を交えて説明してきました。

この方法は無限通りあると思いますが、私はこの流れで取り込んでいます。

Photoshopを利用する場合、アクション機能を使って登録してしまえば、簡単にWeb用に最適な画像が作成できるので便利です。