Photoshopでよく使う作業をアクションに登録して効率よく利用する方法

カメラ

どうも。ノッツです(^o^)/

言わずと知れた画像編集ソフトとして「Photoshop」があります。

私はブログに写真を載せるときの編集やWeb用に書き出すときなどに使っています。

昔は数万円していたソフトが今では、PhotoshopとLightroomのセットで月額980円ほどでお手軽に使えるようになりました。

Creative Cloudに登録すると、PhotoshopやIllustratorなどAdobeの製品がほぼ全て使うこともできます。学生はさらに安く使うことができるので、羨ましい限りでございます。

このPhotoshopを使いはじめると、他の画像編集ソフトには変えられないほどとても便利です。

Adobe製品を使っていて便利だなーってこと(特にブログ関係で)を今後紹介していけれたらなーと思っています。

今回は、Photoshopのアクション機能を使って作業を自動化することで、効率が断然上げる方法を紹介します。

ブログに写真を載せるときの効率化に繋がるので、アクション機能は絶対に使った良いPhotoshopの機能だと思います。

スポンサーリンク

Photoshopのアクション機能とは

Photoshopで行う一連の操作を記憶し、ボタン1つでその操作を可能にするための機能です。

例えば、【解像度の変更 ⇒ トーンカーブの設定 ⇒ Web用に保存 ⇒ 画像を閉じる】の操作を行いたいとき、この操作を一回一回行うのは面倒で、効率が非常に悪いです。

こういった同じ操作をアクション機能を使い記憶させることで、この面倒な操作がボタン1つでできるようになります。

スポンサーリンク

アクション機能の使い方

アクション機能の使い方を説明します。使い方は簡単です。

【解像度の変更 ⇒ PSD形式で保存 ⇒ ファイルを閉じる】の操作をアクション機能に登録する流れで説明します。

Photoshopを開き、画像を開きます。

ps_auto20

アクションタブを開きます。もし、アクションタブがなければメニューバーの【ウィンドウ】から「アクション」をクリックしてチェックを入れます。

続いてアクションタブにある「新規アクションを作成」をクリックします。

新たなセットにアクションを作成したい場合は、フォルダのアイコンの「新規セットを作成」をクリックします。この画像では「ブログ用」というセットを作成して、そこに新規アクションを作成しています。

ps_auto2ps_auto1

「新規アクションを作成」をクリックすると《新規アクション》画面になるので、アクション名などを入力します。

ファンクションキーを設定することで後にアクションを実行する際、ファンクションキー、Siftキー、Commandキーを組み合わせでアクションを実行することができます。

ps_auto3ps_auto4

「記録」をクリックすると、記録が開始され以下の画像のように記録ボタンが赤色に変わります。以降の操作が記録されることになります。

ps_auto5

解像度を変更するので、メニューバーの【イメージ】から「解像度を変更」をクリックします。

《画像解像度》画面となるので、必要事項を入力し「OK」をクリックします。

ps_auto6ps_auto7

「画像解像度」として登録されていることが確認できます。

ps_auto8

続いて、解像度を変更した画像をPSD形式で保存します。

メニューバーにある【ファイル】から「別名で保存」をクリックします。

仮にデストップに保存していますが、アクションを実行する際にここで設定した場所に保存されることになります。ここで設定した場所は後から変更することができません。

ps_auto17

「保存」クリックして画像を保存すると、アクションバーには「保存」が追加されていることが確認できます。

ps_auto9

最後に、ファイルを閉じる操作をアクションとして登録します。

メニューバーある【ファイル】から「閉じる」をクリックします。

これにより、アクションバーには「閉じる」が追加されます。

ps_auto10

「再生/記録を中止」ボタンをタップすると、アクションへの登録が完了します。

中止してから再び追加して登録したい場合は、「記録」をクリックことでできます。

ps_auto11

「▼」ボタンをクリックすることで、アクションに登録される内容を確認することができます。

ps_auto12

アクションの実行方法

アクションの実行には2通りあります。

アクションバーから実行

ファイル数が少ない場合に使います。

アクションを実行したい画像を開き、アクションバーから「選択項目を再生」ボタンをクリックします。

これだけで、上記で登録したアクションを実行することができます。

もし、新規アクションを作成する際にファンクションキーを設定している場合は、設定したキーをタップすることで実行することもできます。

ps_auto13

バッチから実行

ファイル数が多い場合に便利です。

メニューバーの【ファイル】の【自動処理】から「バッチ」をクリックします。

ps_auto14

《バッチ》画面になるので、登録したアクションを選択します。

ソースでは、開いているファイルにアクションを適応させるなどの選択ができます。

実行後に名前の変更させることもできます。

ps_auto15

「OK」をクリックすることで、アクションに登録されている操作が実行され、以下のように自動的に保存されます。

ps_auto16

さいごに

Photoshopの便利機能として、アクションについて説明しました。

私は、解像度の変更などをアクションとして登録し、Web用として軽いサイズで自動的に保存するように登録しています。

アクションを使うことでとても効率化されるので、Photoshopを使うならば絶対に使いたい機能の1つだと思います。