Ankerの「Lightning高耐久ナイロンケーブル」は柔軟性があって断線の心配が少なそう

lightning_cable1

どうも。ノッツです(^o^)/

iPhone5の充電ケーブルがLightningに変わりましたが、そのときに手にしたLightningケーブルを最近まで使っていました。

4年ほど使ってきたわけですが、つい最近壊れて充電ができなくなってしまいました。

というわけで、新しいLightningケーブルを購入したので、その紹介をしていこうと思います。

最近、壊れるお品が多いです……泣

スポンサーリンク

壊れたApple純正Lightningケーブル

lightning_cable20

4年も使っているケーブルなので、ちょっと黄ばんでいますね 笑

このケーブルで充電ができなくなりました。

充電しようとiPhoneに接続しても、充電マークが充電している状態と充電していない状態が繰り返し、そして音も充電するときに鳴る音が「ピポピポ」と繰り返しなってしまいます。

正し認識して充電されないので、もう壊れたと判断しました。

どうやら断線してしまったようです。

スポンサーリンク

Lightning高耐久ナイロンケーブルを選んだ理由と紹介

今回購入したLightningケーブルは、AnkerのLightningケーブルです。

Amazonでどれにしようか探していると人気のLightningケーブルには、Ankerの「高耐久ナイロンケーブル」と「プレミアムケーブル」とがありました。

「高耐久ナイロンケーブル」にしました。断線がしにくいケーブルとのことです。

Amazonの商品の説明欄には以下のように書かれています。

一般的なケーブルより丈夫に作られており、4000回折り曲げても問題なくご使用いただけます。

これが今回購入した決め手です。

「プレミアムケーブル」は記事公開時においてセールをやっているようで、ホワイトの0.9mが999円(最新価格はストアでご確認ください)で販売されていてお得感がバリバリありましたが、後々のことを考えると高耐久ナイロンケーブルの方がいいってことになりました。

また、Apple認証となっているので安心できます。

色は、シルバー、ゴールド、スペースグレーがありましたが、Macの色を考えてシルバーにしました(白もあればいいんですが…)。

Apple純正のLightningケーブルは、再び断線して壊れるのが怖かったのでやめました。

Ankerの「Lightning高耐久ナイロンケーブル」の開封

Lightningケーブルを開封していきます。

パッケージ

今回購入したLightningケーブルのパッケージの表面はこんな感じです。

lightning_cable2

裏面はこちら。番号など書かれていたので、一部を一応ぼかしています。

lightning_cable3

ここをビリビリを破って開封していきます。

lightning_cable4

ビリビリと破いて裸にした状態です。

lightning_cable5

ビリビリと破いた紙の裏側には、以下のことが書かれています。

英語なのでよく分かりませんが、30日以内なら返金OKだよーなどサービスについて書かれています。

lightning_cable6

lightning_cable7

裸にした箱のフタを開けて、その裏側には「Thanks for choosing Anker!」と書かれています。

「Ankerを選んでくれてありがとう!」という意味でしょうか?

前にもAnkerの商品を購入したことがありますが、その商品にも同じような事が書かれていた記憶があるので、こういうところにも気を配るAnker好きです!

lightning_cable8

商品

こんな感じで、Lightningケーブルが入っていました。

lightning_cable9

ケーブルの下には、「Happy?」

lightning_cable10

「Not HAPPY?」と書かれた紙が入っています。

lightning_cable11

その紙には、サポートの連絡先などが記載されています。

lightning_cable12

lightning_cable13

ケーブルはこんな感じです。

lightning_cable14

ケーブル上には、シリアルコードがかかれているシールがついていました。

lightning_cable15

ちょっと曲げても大丈夫みたいなことが書かれていたので、ちょっと曲げてみました。ただ、これ以上曲げるのは怖いのでやめておきました。

たしかに、Apple純正のケーブルと比べると丈夫そうです。

lightning_cable16

今回購入したケーブルが90cmで、Apple純正のケーブルが100cmなので、これだけの差が出てきます。

主にパソコンに接続して充電を行うので、問題はありません。

lightning_cable18

iPhone6 Plusに挿入!

ケースをしていても問題なく挿入できました。

lightning_cable19

Macとの色との相性はバッチリです!

lightning_cable17

Lightningケーブルとは関係がありませんが、MacBook Proの充電ケーブルが同じように、そろそろ断線しそうで怖いです。

根本がそろそろ危ない感じです。

lightning_cable21

断線しないように巻き方を心がけていますが、長期間使っているとダメですね。

Lightningケーブルとは違ってMacのケーブルは高いので、なんとしても断線はしたくないです。

Ankerの「Lightning高耐久ナイロンケーブル」を使ってみて

まだこのLightningを使い始めて1週間ほどになりますが、大変満足しています。

ナイロンケーブルという、今ままでに使ってこなかった充電ケーブルなので新鮮さがあってとても良いです。

非常に気に入っています。

断線にも強いということで、根本を少し曲げても大丈夫のことで安心ができるのも良いです。

さいごに

4年使ってきたApple純正のLightningケーブルを新しく買い替えたお話でした。

ケーブルが壊れる原因は断線がほとんどだと思うので、断線しないようにちょっとは気をつけて使っていきたいです。

Apple純正ケーブルは4年持ったので、5年は持ってほしいなー。

今のLightningケーブルで足りていていれば新しく購入する必要ないと思いますが、使っているLightningケーブルが壊れたときやもう一つLightningがほしいときに、このAnkerのLightningケーブルはおすすめです!

そういえば、AppleさんはそのうちLightningからUSB Type-Cに変更しそうですよね。勝手な予想です。そうしたらこのケーブルが使えなくなるのは残念だなーという感じです。いや、それ以上に色々と面倒です。