画像をブログにアップするまでの流れ【カメラ写真編】

camera-272263_1280

どうも。ノッツです(^o^)/

先日、私がiPhoneやパソコンのスクリーンショットの画像をブログにアップするまでの流れを紹介しました。

画像をブログにアップするまでの流れ【iPhone・iPad編】
どうも。ノッツです(^o^)/ ブロガーの皆さん、ブログに画像を載せるのにどのような手順で行っていますか? 人それぞれだと思いますが、何かの参考になればと私がブログに画像をアップするまでの流れを...
画像をブログにアップするまでの流れ【PCスクリーンショット編】
どうも。ノッツです(^o^)/ 前回、私がiPhoneの画像をブログにアップするまでの流れを紹介しました。 今回は、パソコン(特にMac)で作成したスクリーンショットをブログにアップする...

食べ物などを紹介するときに、カメラで撮影した写真をブログに載せることがありますが、無編集で載せることはまずありません。

明るさなどの編集を行い、少しでも良く見えるように調整してからアップしています。

そこで今回は、デジカメなどのカメラで撮影した写真をブログにアップするまでの流れを紹介しようと思います。

主に、Macのデフォルトのアプリケーション、Adobe製品であるLightroomPhotoshopを利用します。Lightroomの基本的な使い方もマスターできるかと思います。

ちなみに、LightroomやPhotoshopは、Creative Cloudに申し込むことで、使うことができます。

スポンサーリンク

カメラ写真の取り込み

まず、カメラで撮影した写真をPC本体に取り込みます。

Finderに移動

SDカードをPC本体に入れ、あるいはカメラとPC本体とUSBケーブルで接続するなどの方法で、PCに写真を取り込みます。

iPhoneやiPadの写真の取り込み方法は、以下の記事に書いています。

画像をブログにアップするまでの流れ【iPhone・iPad編】
どうも。ノッツです(^o^)/ ブロガーの皆さん、ブログに画像を載せるのにどのような手順で行っていますか? 人それぞれだと思いますが、何かの参考になればと私がブログに画像をアップするまでの流れを...

写真を管理しやすいようにFinderに移動します。

取り込み先のFinderの名前は、「日付@分かりやすい名前」にしています。今回は「2015-08-03@カメラの写真をUPする方法」です。

この方が過去にブログにUPした画像を後から探しやすいためです。

camera_photo_up_blog1

ファイル名の変更

ファイル名がデフォルトの状態では番号になっているので、このファイル名を分かりやすいように変更します。

分かりやすいファイル名に変更したほうがSEO的に良いと思っているからです。

以下の記事のように一括で変更したほうが効率的です。

ファイル名を一括で変更する方法[Mac、AdobeCreativeCloudユーザー向け]
こんにちは。ノッツです(^o^)/ パソコンを使っていて一括でファイル名を変更したいことがよくあります。 たとえば、たくさんスクリーンショットを撮って、ファイル名を変更してからブログにアップした...

ファイル名を変更して以下のようにしました。

camera_photo_up_blog2

スポンサーリンク

Lightroomに取り込み

写真の管理、編集、書き出しなどいろいろなことができる「Lightroom」を使用します。

そのLightroomに写真を取り込みます。

カタログの作成

Lightroomに写真を取り込むには予めカタログを新規に作成しておく必要があります。

Lightroomでは、カタログ単位で写真が管理されます。

カタログを作成していない場合は、メニューバーの【ファイル】から「新規カタログ」で作成することができます。

このカタログについての詳しい説明は割愛しますので、「Lightroom カタログ」などとググって調べてみてください。

写真の取り込み

Finderで取り込みたい写真を選択し、その写真をLightroomにドラッグ&ドロップします。

camera_photo_up_blog3

すると以下の画面になります。

ファイルを同じFinderのままで移動させない場合は「追加」を選択します。

取り込む写真を確認してから「読み込み」をクリックします。

camera_photo_up_blog4

Lightroom内に取り込まれます。

camera_photo_up_blog5

Lightroomで編集

Lightroomで明るさなどの編集をしていきます。

写真を取り込んだ後の画面は「ライブラリ」になっているので、「現像」をクリックします。

この現像の画面で写真の編集を行っていきます。

camera_photo_up_blog6

写真のトリミング

まず最初に、写真の縦横比を変更しています。

「切り抜き」をクリックし、「元画像」をクリックします。

camera_photo_up_blog7

縦横比を選択できるので、私は16×10を選択しています。

camera_photo_up_blog8

どのように切り抜くのかを設定し、「完了」をクリックします。

camera_photo_up_blog9

すると、16×10としてトリミングされます。

camera_photo_up_blog10

他の写真へトリミングをペースト

他の写真にも切り抜きをしていきます。

一つ一つ行っても良いですが面倒くさいので、最初にしたトリミングの設定をコピーします。

右クリックして、「現像設定」から「設定をコピー」をクリックします。command + c でコピーしてもいいです。

camera_photo_up_blog11

《設定をコピー》画面となるので、切り抜きにチェックを入れます。

写真を切り抜く際に角度を調整した場合は、「角度補正」のチェックを外したたほうがいいです。設定をペーストした写真全てに角度補正されてしまうためです。

設定が終われば「コピー」をクリックします。

camera_photo_up_blog12

コピーしたい写真を選択します。

camera_photo_up_blog13

選択した写真の上で右クリックして、「現像設定」から「設定をペースト」をクリックします。

command + v でペーストすると全ての画像に適用されないので、メニューから選択したほうがいいです。

camera_photo_up_blog14

すると、全ての写真が同じ縦横比の写真ができ上がります。

camera_photo_up_blog15

トリミングの位置の調整

写真のトリミングされる位置を調整したい写真があれば、「切り抜き」をクリックして調整します。

camera_photo_up_blog16

調整が終われば、「完了」をクリックします。

camera_photo_up_blog18

写真の編集

続いて、明るさなどの写真の編集を行っていきます。

実際に見たものと同じ雰囲気になるように心がけて調整を行っていきます。

編集を行う箇所は、「基本補正」と「トーンカーブ」です。

Lightroomには様々な編集項目が用意されていますが、基本的にはここしか編集をしません。ここだけで充分良い写真ができると思っているからです。

camera_photo_up_blog19

基本補正の調整

基本補正の調整を行います。写真によって調整するパラメータの値は変わってくると思います。

色温度

まず、「色温度」を調整します。

少しプラス側の「+15」に設定しました。

これによって、暖かみが増した色になり美味しそうな写真になるので、料理などはプラス側に設定するようにしています。

これだけでも、かなり雰囲気が変わります。

風景写真などは特に変更する必要はないと思いますが、写真によっては色温度を調整しています。

camera_photo_up_blog20

露光量

「露光量」を調整します。

少しプラス側の「+0.30」に設定し、なるべく明るい写真になるようにしています。

camera_photo_up_blog21

明瞭度

「明瞭度」を調整します。

料理の場合は、少しマイナス側の「-30」に設定し、ふんわりとした写真になるようにしています。

風景写真などは、逆に少しプラス側に設定して、はっきりした写真になるようにしています。

camera_photo_up_blog22

自然な彩度

「自然な彩度」を調整します。

少しプラス側の「+20」に設定し、色がはっきり出るように調整しています。

camera_photo_up_blog23

その他の調整

基本補正の箇所は基本的には以上のことです。

また、黒つぶれ、白飛びしている写真は、白レベル、黒レベル、ハイライト、シャドウで、それらがなるべくしないように調整しています。

トーンカーブの調整

基本補正の項目の下に、「トーンカーブ」があります。

最後に、このトーンカーブを使って全体の調整を行っています。

camera_photo_up_blog24

トーンカーブの中心を上にドラッグ&ドロップをして持ち上げます。

少しの変化で画像では分かりにくいかもしれませが、これによって写真全体の明るさが調整されます。

camera_photo_up_blog25

不要物があれば

もし写真にホコリなどの不要物があれば、Lightroomの機能を使って消しています。とても簡単に消すことができます。

その場合は、「スポット修正」をクリックします。

camera_photo_up_blog26

「コピースタンプ」と「修復」がありますが、修復のほうがいいので修復を選択します。

サイズを不要物の大きさに合わせます。ぼかしや不透明度は基本的にはデフォルトのままでいいと思います。

パラメータの設定が終われば、不要物をクリック、または、ドラッグ&ドロップで選択します。

camera_photo_up_blog27

複数不要物があれば、選択します。

camera_photo_up_blog28

「完了」をクリックすることで、不要物を簡単に消すことができます。

camera_photo_up_blog29

編集前と後の写真

ビフォーアフターですが、これだけの調整だけでも全然違った写真になります。

暗くて余り美味しそうに見えない食べ物写真が、明るく色もハッキリしたことで美味しそうな食べ物写真になりました。

camera_photo_before

camera_photo_after

Photoshopでの編集も

Lightroomではモザイクを入れたりすることができないので(できる?)、そのあたりの編集はPhotoshopを使っています。

Lightroomから直接起動することができるので、編集を行いたい画像の上で右クリックし「他のツールで編集」から「Adobe Photoshop CC 2015で編集」をクリックします。

camera_photo_up_blog62

《Adobe Photoshop CC 2015で写真を編集》画面となるので、状況に合わせて選択し「編集」をクリックします。

私は「Lightroom調整でコピーを編集」を使っています。

camera_photo_up_blog65

すると、Photoshopが開きます。

camera_photo_up_blog63

モザイクをかけたい場合は、その箇所を長方形選択ツールなどで選択し、メニューバーの【フィルター】から「ピクセレート」の「モザイク」をクリックします。

camera_photo_up_blog61

セルの大きさを指定し、「OK」をクリックします。

camera_photo_up_blog60

以下のようにモザイクをかけることができました。

camera_photo_up_blog66

Photoshopで保存してから閉じ、Lightroomで確認するとモザイクが反映されていることが確認できます。

このとき、上記で設定した基本補正などのパラメータは全て「0」になりますが、編集前の色と変わりがないことが確認できます。

camera_photo_up_blog64

他の写真へ変更したパラメータをペースト

一つ一つ上記で行ったパラメータを調整してもいいですが面倒なので、設定をコピーします。

コピーしたい写真で右クリックして「現像設定」から「設定をコピー」をクリックします。command + c でコピーしてもいいです

camera_photo_up_blog30

全てのチェックをクリックして、全てにチェックします。一つ一つ必要箇所をチェックしてもいいです。

切り抜きにチェックを入れていると、上記で切り抜きを調整した箇所がずれてしまうのでチェックを外します。

また、スポット修正をしている場合も余分に修正されてしまうのでチェックを外します。

チェックをしたら、「コピー」をクリックします。

camera_photo_up_blog31

設定をペーストしたい写真を選択します。

camera_photo_up_blog32

選択した写真の上で「現像設定」から「設定をペースト」をクリックします。

command + v でペーストすると全ての画像に適用されないので、メニューから選択したほうがいいです。

camera_photo_up_blog33_2

すると、最初に設定した写真のパラメータが反映されます。

しかし、以下の写真では明るすぎる画像になってしまいました。

撮影した状況が違う場合はこのようになってしまうことがあるので、不自然な写真は適正な写真になるようにパラメータを調整する必要があります。

camera_photo_up_blog34

撮影状況が同じなど写真によっては、適切な写真に仕上がります。

camera_photo_up_blog35

LightroomでWEB用に書き出し

編集した写真をWeb用に書き出しをします。

書き出したい写真を選択します。

camera_photo_up_blog36

右クリックし「書き出し」から「書き出し」を選択します。

camera_photo_up_blog37

プリセットの登録

設定画面となるので、まず「追加」をクリックします。

camera_photo_up_blog38

《新規プリセット》画面になるので「プリセット」名を入力し、「作成」をクリックします。

camera_photo_up_blog39

すると、ユーザープリセットとして登録されます。

camera_photo_up_blog38_2

プリセットとして登録することで、書き出しをワンクリックで行うことができます。

書き出したい写真を右クリックして「書き出し」のあとで、登録したプリセットを選択することでできます。

camera_photo_up_blog33

書き出し内容の設定

続いて、書き出しの内容を設定していきます。

書き出し場所

書き出し専用のFinderを作成して、そこに書き出されるように設定しています。

camera_photo_up_blog40

ファイルの名前

ファイルの名前をここで変更できますが、最初でファイルは変更しているのでここでは変更していません。

camera_photo_up_blog41

ビデオ

ビデオの設定を行えますが、写真なので設定はできません。

camera_photo_up_blog42

ファイル設定

JPEGでsRGBで書き出されるようにしています。

ファイルサイズの制限を指定することで、そのサイズに合わせて画像が書き出されます。

camera_photo_up_blog43

画像のサイズ調整

画像のサイズを指定できます。

幅1000px、高さ1,000pxで解像度はデフォルトのままの240にしています。

camera_photo_up_blog44

シャープ出力

画像にシャープをかける場合はここで指定します。

私はしていません。

camera_photo_up_blog45

メタデータ

メタデータとして、どの情報を含めるのかを選択します。

iPhoneなどで撮影した写真には位置情報が含まれている可能性があるので、それらの情報を含めないような設定にしたほうがいいと思います。

私は「著作権情報のみ」にしています。

camera_photo_up_blog46

透かし

透かしを入れる場合はここで設定できます。

camera_photo_up_blog47

詳しく設定する場合は、「透かしを編集」をクリックします。

camera_photo_up_blog48

《透かしエディター》画面になるので、必要事項を記入します。

私は、透かしとして出力される文字と、サイズのみを変更しています。

camera_photo_up_blog49

左上から「現在の設定を新規プリセットとして保存」をクリックします。

こうすることで、設定した内容をあとから簡単に選択できるようになります。

camera_photo_up_blog50

《新規プリセット》画面でプリセット名を入力し、「作成」をクリックします。

camera_photo_up_blog51

プリセットとして保存されるので、内容をもう一度確認し「完了」をクリックします。

camera_photo_up_blog52

後処理

最後に後処理をするかどうかの設定をします。

書き出したファイルの場所のFinderを書き出し後に自動的に開くかどうかなどが選択できます。

camera_photo_up_blog53

書き出しの実行

書き出しをクリックすると指定した場所に、写真が書き出されます。

camera_photo_up_blog54

ブログ(WordPress)にアップ

最後に、作成した画像をブログにアップします。

WordPressの場合は、ドラッグ&ドロップでブログ内に選択した画像を一気に取り込めるので簡単です。

camera_photo_up_blog55

さいごに

先日の「iPhone・iPad編」と「PCスクリーンショット編」、そして今回の主にLightroomPhotoshopを使った「カメラ写真編」として、私が画像をブログに取り込むまでの流れを紹介しました。

その流れはブロガーさんで人それぞれだと思いますが、誰かの為になればと思い書かさせていただきました。

裏話ですが、、、

この記事はたくさん画像を使いましたが、これだけの画像を使ったのは初めてで、ちょっと色々と大変でした 笑

「あれ?どの写真までブログにアップしたっけ?」、「うわー、スクリーンショット撮る箇所間違えてるー」などなど。

でも、どうにか記事にできたので良かったです。