Macの最新OSで「Microsoft Office 2016 との互換性が向上」したとのことですが前回と変わらずトラブルが発生したまま……

bsLISA99_MBA20141018102742

どうも。ノッツです(^o^)/

以前にMacのEl CapitanにOffice 2016をインストールした際にトラブルが続出した記事を書きました。

MacのEl CapitanにOffice2016をインストールしたらトラブル続出!解決するまでの流れ
こんにちは。ノッツです(^o^)/ 最近、Microsoft Officeの最新バージョンであるOffice2016がOffice 365 Soloなどを利用して使えるようになりました。 Mac...

MacとOfficeの互換性やフォントの相性などの問題で、正常にOfficeが起動することができませんでした。

これは多くのユーザから報告があったからか、先日にAppleがOffice2016との互換性が向上したとのアップデートを開始しました。

最新OSにアップデートして、Office2016の動作がどうなるか確認していこうと思います。

ちなみに私はOffice 365 Soloというプランを使って、Office2016をインストールしています。Office 365 Soloは、Microsoft StoreAmazonなどで購入することができます。

スポンサーリンク

最新MacOSでOffice2016を動作確認

10月21日に、MacOSがEl Capitanになってから初のアップデートがありました。

MacOSのバージョンが10.11から10.11.1になりました。

アップデートされた内容は、Appleが以下のように公開しています。

OS X El Capitan 10.11.1 アップデートでは、お使いの Mac の安定性、互換性、およびセキュリティが改善され、すべてのユーザに推奨されます。

このアップデートの内容:

  • OS X El Capitan にアップグレードする際のインストーラの信頼性が向上
  • Microsoft Office 2016 との互換性が向上
  • “メール”に送信サーバの情報が表示されないことがある問題を修正
  • “メール”でメッセージおよびメールボックスが表示されない問題を解決
  • 特定の Audio Unit プラグインが正常に機能しない問題を解決
  • VoiceOver の信頼性が向上
  • Unicode 7.0 および 8.0 を完全にサポートする 150 以上の新しい絵文字を追加

「Microsoft Office 2016 との互換性が向上」と書かれており、強制終了してしまう問題などが解決したと思われます。

そこで、最新OSにアップデートして、Officeを立ち上げて様子を見てみました。

Word、Excel、PowerPoint、Outlookは問題なく起動して、途中で強制終了しませんでした。

だがしかし!

One Noteは起動してから、すぐに強制終了していまいます。

mac_update_office1

前と変わっていないやないかーい!!

私の環境では、以前のOSである10.11でもWord、Excel、PowerPoint、Outlookは問題なく起動して、途中で強制終了することはありませんでしたからね。

また、前回に「ユーザー名」>「ライブラリ」の中にあるFontsフォルダ内あるフォントの相性の問題のせいか、Wordなどが起動しないトラブルが発生してしまいました。

このようなこともあり、フォントを別のフォルダに移動して、フォントが使えない状態にしていました。

今回のMacのアップデートでそれが解消されたのではないかと考えて、フォントを元のフォルダに戻してWordを起動してみました。

はいー、以前と同じくこちらの画面となり、強制終了してしまいました。

前と変わっていないやないかーい!!

mac_update_office2

スポンサーリンク

さいごに

Macの今回のアップデートで「Microsoft Office 2016 との互換性が向上」したとのことですが、何が向上したのかを体験することができませんでした。

Appleさんは、具体的に教えてくれないので分かりません。

Appleさん的には解決したから、あとはMicrosoftが解決しろよ的な考えなのでしょうか。

今後のMicrosoftのアップデートに期待して待ちたいと思います。