「七草がゆ」がセブンイレブンで食べられる!1月7日は七草の日!一年の無病息災を願うためにもセブンイレブンへダッシュ!

nanakusa-seveneleven

こんにちは。ノッツです(^o^)/

2016年最初の記事となります。

ということで、あけましておめでとうございます!

さて、さて、本日1月7日は『七草』の日ですね!セブンイレブンに行ったら、七草がゆが販売されていたので気付きました……

せっかくだから食べておこうということで購入しましたので、セブンイレブンの七草がゆをご紹介します。

スポンサーリンク

七草について

七草について全然分かっていなかったので調べてみました。

『七草』はWikiさんいわく、以下の通りです。

七草(ななくさ)は、人日の節句(1月7日)の朝に、7種の野菜が入った粥を食べる風習のこと。

元々の「七草」は秋の七草を指し、小正月1月15日のものは「七種」と書く。この七種も「ななくさ」と読み、一般には7日正月のものを七草と書くなど、現在では元々の意味がわからなくなり、風習だけが形式として残った。これらの事から、人日の風習と小正月の風習が混ざり、1月7日に「七草粥」が食べられるようになったと考えられる。

七草でも、春の七草、秋の七草、昔の七草、夏の七草があるようです。なに!?昔の七草って 笑

で、1月7日に食べる七草は、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロとのことです(地域によって違う場合あり)。

『七草がゆ』についてはWikiさんいわく、以下の通りです。

七草がゆ・七草粥(ななくさがゆ)・七種粥とは、人日の節句(1月7日)の朝に食べられている日本の行事食(料理)である。

春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、その一年の無病息災を願って食べられる。祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われる。 この行事は、平安時代には行われていたが、室町時代の汁物が原型ともされている。

スポンサーリンク

セブンイレブンの「こだわりの米の七草がゆ」の紹介

セブンイレブンで「こだわりの米の七草がゆ」が期間限定で発売されています。

価格は350円(税込)です。

こちらがセブンイレブンの七草がゆです。七草入っているかわかりませんが、多分入っています。

nanakusa-seveneleven1

フタを開けてみたところです。緑色の葉っぱ、一緒にしか見えないけど、違うのかなー?

違いが全然わかりません。

nanakusa-seveneleven2

アップ!

nanakusa-seveneleven3

沖縄海水塩というものが同封されています。お米の味は、かなりの薄味となっているので、塩をかけたほうが美味しいと思います。

ただ、全て一気にかけてしまうと、しょっぱくなってしまうと思うので、適度にかけていってくださいね。

nanakusa-seveneleven6

電子レンジでチン!

長くやり過ぎて沸騰してしまい、混ざってしまいました 笑

nanakusa-seveneleven5

七草のどれかわかりませんが……アップ!!

nanakusa-seveneleven7

種類が全然わかんない。

nanakusa-seveneleven8

3種類しか分類できず……当初は7種類に分類したいなーと思っていましたが、無理でした 笑

緑色の葉っぱは全て同じに見えてしまう……

nanakusa-seveneleven9

さいごに

セブンイレブンの七草がゆで七草を食べることができました。身近なコンビニで、季節の食べ物である『七草がゆ』が食べられるってのはいいですね。

七草は「その一年の無病息災を願って食べられる」とのことですので、七草を食べることができたので良かったです!

七草がゆを特に用意してなくて、急に食べたいと思ったら、セブンイレブンに行けば食べることができるので、売り切れる前にセブンイレブンにダッシュしてくださいね!!

それでは、今年もどうぞよろしくお願いいたします。