【超絶オススメ】世界一のクラゲ水族館「加茂水族館」はクラゲづくしでとにかく感動する水族館だった!

kamo-suizokukan1

どうも。ノッツです(^o^)/

先月に東北を訪れたときに、世界一のクラゲ水族館として有名な「加茂水族館」を訪れました。

いやー、今までに訪れた水族館の中で一番の水族館ですよ!! これほど、感動した、癒やされた水族館は初めてです。

クラゲ好きなら間違いない、クラゲ好きでなくても、楽しめる、そんな山形県にある加茂水族館をご紹介します。

スポンサーリンク

「加茂水族館」について

加茂水族館は、山形県鶴岡市に位置する鶴岡市立の水族館で、たくさんのクラゲが展示されているクラゲ水族館としても有名です。

クラゲの展示種類は50種類以上でギネス世界記録に認定されています。クラゲの他にも、庄内や庄内沖に生息する魚なども展示されている他、ウミネコの餌付けショーやアシカのショーなども行われています。

営業時間

営業時間は以下の通りです。

kamo-suizokukan6

入場料

入場料は以下のとおりで、一般が1,000円、小中学生が500円となっています。学校行事割引や障がい者割引などもあります。

kamo-suizokukan7

入場料1,000円って安くないですか? ワンコインならぬ、ワンペーパーです。小中学生はワンコイン。

僕の地元付近にある水族館の入場料(一般料金)で、アクア・トトぎふが1,500円、名古屋港水族館が2,000円、鳥羽水族館が2,500円、海遊館が2,300円といいお値段するので。

この安さも人気の秘密なのかなって思います。

2,000円以上だと躊躇ってしまうかもしれないのですが、1,000円だと行ってみようと気持ちになりますよね。

フロア

2階に水槽があって、そこを主に見学する形となっています。

kamo-suizokukan2

広くもなく狭くもなくちょうどいい大きさでした。

あまりにも広すぎると、見学するの疲れてしまいますからね……。

フロア内は庄内の淡水魚、海水魚、クラゲの水槽、キッズコーナーなどがあります。

kamo-suizokukan3

イベント

イベントとして、クラゲの給餌解説、アシカショー、ウミネコの餌付けなどが開催されております。

kamo-suizokukan4

スケージュールは以下のとおりになっていました(変更の可能性あり)。

kamo-suizokukan5

スポンサーリンク

「加茂水族館」を訪れたよ

午後の時間帯で「加茂水族館」へ!

IMG_9755

チケットを購入して、加茂水族館のフロア内に。

庄内の淡水魚

まず最初は「庄内の淡水魚」エリアでした。

IMG_9662

庄内地方に生息する淡水魚が展示されていました。

IMG_9664

クラゲメインの水族館なので、クラゲ以外に関してはそれほど種類は多くはありませんが。

IMG_9665

魚が泳いでいる姿を見ていると、なんだか癒やされます。

IMG_9666

庄内の海水魚

続いては「庄内の海水魚」エリアです。

IMG_9668

庄内沖に生息する魚が泳いでいましたよ。

IMG_9669

アジさん(多分w)。

IMG_9674

生後まもないサケさんです。

IMG_9675

隣の水槽には上から月日が流れて成長したサケが展示されていました。

IMG_9677

その隣には、更に成長したサケさんが。ということで、3つの成長過程を見ることができました。

IMG_9679

気持ち悪い大きなタコもいました。

IMG_9681

ヒラメとカレイが。ヒラメとカレイの見分け方が説明されていましたよ。

IMG_9682

ヒトデさんたち。

IMG_9683

他を圧倒する、むっちゃ巨大な魚も。

IMG_9685

ウミガメも。

IMG_9688

キッズコーナ

キッズコーナーには、手で貝などを触れる水槽が用意されていました。

IMG_9690

子どもが楽しそうに触っていました。

IMG_9691

僕は苦手なので触っていませんw

IMG_9693

クラゲ

その先には、加茂水族館メインのクラゲの水槽が多数展示されています。

IMG_9650

小さな水槽に、たくさんの種類のクラゲが展示されているので飽きがきません。

IMG_9648

いろいろな形の見たことがないようなクラゲがたくさん展示されていましたから。

IMG_9645

IMG_9651

IMG_9699

IMG_9700

どこが顔かわからないクラゲも。オバケクラゲって書かれていた記憶が。

IMG_9705

ミズクラゲの成長過程が分かるコーナーがありました。1日ごとに大きくなっていく姿が観察できて興味深かったです。

IMG_9707

きれいですね~。

IMG_9709

IMG_9713

ヒラヒラの部分がクラゲ同士で絡まるだろってくらいの長さのヒラヒラ。

IMG_9715

IMG_9717

IMG_9718

IMG_9722

小さな水槽のクラゲコーナーを抜けると、この素晴らしいキレイなミズクラゲの水槽が展示されています。

IMG_9654

もう、感動するくらいの美しさでした。

IMG_9731

あまりにも美しすぎたので、30分くらいその場に用意されていた椅子に座って見ていたんですが、この場に来る人の第一声が、

「すごっ」

「きれいすぎっ」

の連発。

この場に来る人が何かを発するほどの感動を呼ぶ水槽でした。

IMG_9729

僕は過去に水族館に行ったとしても一瞬だけ見て満足して素通りでしたが、ここは違っていました。

IMG_9723

一つの水槽で30分も滞在していたことは初めてです。それだけ感動したのです。

IMG_9751

その感動をおさめようと、何度もシャッターをきっていました。

IMG_9727

クラゲの動きに癒やされながら30分間も見ていたのだった。

IMG_9749

写真だけでは上手く感動が伝わらないと思うので、僕が当日にVineとInstagramにアップした動画を貼り付けます。

Vine。

Instagram。

クラゲに感動♪

YukiOhnoさん(@ohnottu)が投稿した動画 –

この水族館の最終の水槽として、加茂水族館メイン水槽の「クラゲドリームシアター」があります。

IMG_9732

今までのクラゲ水槽と比べて大きさだったので、大迫力でした。でも、個人的には先程のカラフルなクラゲ水槽のほうが感動しておりますw

IMG_9736

レストラン

加茂水族館のレストランでクラゲラーメンを食べました。食べようとしたのが遅い時間で、売れきればかりでラーメン一択状態だったので 笑

かわいいクラゲのキャラが書かれたうつわでした。

IMG_9658

クラゲを見てからの食事だったので、クラゲを食すのがなんだか申し訳なるような気持ちでしたが……

IMG_9660

「加茂水族館」を訪れた感想

僕が今までに訪れた水族館の中で、ダントツで一番の水族館でした。

これ間違いないです。

  • 入場料1000円でお手頃
  • 館内の広さも大きくもなく狭くもなくちょうといい
  • メインのクラゲの他にも、淡水魚、海水魚も楽しめる
  • クラゲがとにかく感動する

クラゲでここまで感動するとは思ってもいなかったんですけど、この水族館はすごいですよ。

感動の嵐でございました。特にミズクラゲのカラフルな水槽が。

クラゲを見ていると、なんだか癒やされましたよ。クラゲの不規則な動きを見ているとなんかとても癒やされるんです。

なので、時間を忘れて、ずっと見てれます 笑

入場料が1000円とお手頃なので、地元にあったら毎月でも、いやちょっと言い過ぎた、毎年に少なくとも一回は癒やしを求めて行っているでしょう。

それだけイイ水族館なのです。

水族館によくあるようなイルカショーはありませんが、アシカショーは開催されています。僕は今回見ることができませんでしたが。

その他にもウミネコのえさやり、クラゲの給餌観察、クラゲの成長観察なども開催されているので、大人はもちろんのこと、子どもにとっても楽しめること間違いなしです。

「加茂水族館」の情報

「加茂水族館」の情報を記載します。

基本情報

・名称:鶴岡市立加茂水族館

・住所:山形県鶴岡市今泉字大久保657-1

・アクセス:【車】山形自動車道 鶴岡ICより約15分 or 日本海東北自動車道 鶴岡西ICより約25分、【電車】JR鶴岡駅よりタクシーで約30分

・営業時間:【通常】 9:00~17:00、【夏休み】9:00~17:30(2016年は…7月30日~8月21日)、最終入館 閉館30分前まで

・定休日:なし

・電話番号:0235-33-3036

・料金:【一般】1,000円、【小中学生】500円、【幼児】無料

・駐車場:無料駐車場完備

・公式サイトURL:http://kamo-kurage.jp/

※最新の情報はホームページ等でご確認ください。

地図

さいごに

山形県の日本海側に観光に訪れた際には、絶対に訪れてほしい観光地として絶対的にオススメできる水族館です。

感動すること間違いないでしょう!

クラゲ好きは間違いなく楽しめると思いますし、クラゲにそれほど興味なくとも感動すると思います。僕は後者でした。

それほど興味はなかったんですけど、大いに感動しましたよ。

加茂水族館はFacebookページにて頻繁に水族館の様子を更新しているので、一度見てみるといいでしょう。

加茂水族館 Facebookページ

ぜひ、ぜひ、訪れてみてくださいね!!