知らなかった!instagram、Twitter、VineもURLのコピペだけで記事中に導入することができるよ【WordPress】

wordpress-sns-kantan

こんにちは。ノッツです(^o^)/

WordPressを使ってブログを書いていますが、YouTubeの動画やinstagram、Twitter、Vineの呟きを記事中に載せることがたまにあります。

載せるには各ページのURLをWordPressのビジュアルエディタにコピペするだけで、記事中に動画や呟きを載せることが簡単にできます。

僕は基本的にテキストエディタではなく、ビジュアルエディタで記事を書くので、URLのコピペの方が楽でいいんですよね。各サービスに埋め込みコードを用意されているのでそちらを利用してもいいんですが、埋め込みコードを探しに行くのも面倒ですし、いちいちテキストエディタに切り替えるのが面倒なので。

URLのコピペでできることは、YouTubeができるのは知っていたんですが、Twitterやinstagram、VineなどのSNSでもできることは今の今まで知りませんでした。

ということで、僕みたいに知らない方やWordPress初心者の方にシェアしていきます。

スポンサーリンク

YouTubeの載せ方

YouTubeの各動画のページのURLをコピーします。

wordpress-sns-kantan4

動画の下には共有用のURLが用意されているので、こちらでもOKです。もちろん、埋め込みコードを利用して、WordPressのテキストエディタにコピペしてもOKです。

wordpress-sns-kantan5

あとはWordPressのビジュアルエディタにペーストするだけです。こんな感じで、簡単にYouTubeの動画を記事に導入することができます↓

youtube-wordpress

スポンサーリンク

instagram、Twitter、Vineの載せ方

instagram、Twitter、Vineの載せ方も、YouTubeと同じでURLをコピペするだけです。

instagram

instagramを例にとって説明します。まず、記事に載せたいinstagramの写真をクリックします。

wordpress-sns-kantan8

載せたいinstagramの写真が表示されます。

wordpress-sns-kantan10

このときのURLをコピーします。

wordpress-sns-kantan9

あとはWordPressのビジュアルエディタにペーストするだけです。こんな感じですね↓

instagramのアイコンしか表示されていませんが、これでOKです。

instagram-wordpress

プレビュー機能を使って表示を確認してみるとバッチリ表示されています。

wordpress-sns-kantan13

もちろん、instagramでも埋め込みコードが用意されているので、こちらを利用してもOKです。

埋め込みコードを利用する際には、右下にある「…」をクリックして、

wordpress-sns-kantan10

「埋め込み」をクリックします。

wordpress-sns-kantan11

あとは、表示された埋め込みコードをコピーして、WordPressのテキストエディタにペーストすればOKです。

wordpress-sns-kantan12

TwitterやVineの場合も同様なので簡単に説明をしていきます。

Twitter

Twitterの場合は、ツイートの「…」をクリックして、「ツイートへのリンクをコピー」をクリック。

wordpress-sns-kantan1

表示されたURLをコピーして、WordPressのビジュアルエディタにペーストすればOKです。

wordpress-sns-kantan2

テキストエディタに埋め込みコードをコピペする場合は「ツイートをサイトに埋め込む」をクリックして、表示された埋め込みコードを利用してテキストエディタにコピペすればOK。

wordpress-sns-kantan3

Vine

Vineの場合は、各動画の右上にある「︙」をクリックして、「View post page」をクリックします。

wordpress-sns-kantan6

表示されたURLをコピーして、WordPressのビジュアルエディタにペーストすればOKです。

wordpress-sns-kantan7

以下のようにショートコードを利用して、幅や高さを設定することもできます。

以下のようにするとポストカードタイプの表示に切り替えることも可能です。

テキストエディタに埋め込みコードをコピペする場合は「ツイートをサイトに埋め込む」をクリックして、表示された埋め込みコードをコピペすればOK。

埋め込みコードを利用すると表示の詳細を簡単に設定できるので、そういった場合には埋め込みコードを利用するといいかもしれません。

wordpress-sns-kantan14

WordPressでは各サービスに対応

YouTube、instagram、Twitter、Vineを説明してきましたが、この他にもWordPressでは色々なサービスに対応しています。日本ではメジャーではないサービスがほとんどですが。

以下のサービスをWordPressに埋め込みたい場合は、URLをコピペすればOKです。

  • Animoto
  • Blip
  • CollegeHumor
  • DailyMotion
  • Flickr
  • FunnyOrDie.com
  • Hulu
  • Imgur
  • instagram
  • iSnare
  • Issuu
  • Meetup.com
  • EmbedArticles
  • Mixcloud
  • Photobucket
  • PollDaddy
  • Rdio
  • Revision3
  • Scribd
  • SlideShare
  • SmugMug
  • SoundCloud
  • Spotify
  • TED
  • Twitter
  • Viddler(WordPress4.0 で非推奨)
  • Vimeo
  • Vine
  • WordPress.tv
  • YouTube

さいごに

instagram、Twitter、VineがURLのコピペだけで、記事中に導入できるとは今の今まで知らなかったので、これからそれらを導入する際には捗りそうです。

今まで埋め込みコードを探しにいっていましたからね。

やっぱり、URLのコピペだけで導入できるのは、楽ちんでいいです。