ご訪問ありがとうございます。どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

SimplicityからCocoonに変更した5つの理由と実際に使ってみて良かったこと悪かったこと

カスタマイズ
この記事は約10分で読めます。

どうも。ノッツです(^o^)/

現在、当ブログのデザイン基礎部分であるテーマは、Cocoonを使っています

当ブログの開設時である2015年6月から3年以上の間ずっと、WordPressのデザインテーマは、Simplicityを使ってきました。しかし、Simplicityが大幅にアップデートして、後継としてCocoonが2018年1月ごろに誕生。一新され色々な機能が追加されて便利になったということで、様子を見てから2018年8月頃に当ブログのテーマをSimplicityからCocoonへと変更して、今日まで9ヶ月ほど使っています。

Simplicityも、Cocoonも、天才プログラマーであるわいひらさんが作っている無料テーマです。これら以外にもデザインテーマには、無料から有料のものまで膨大な数がありますが、テーマを選ぶにあたって、わいひらさんが作成したテーマ以外、その他の選択肢は考えられませんでした。

有料テーマにするのも一つの手ではありましたが、3年以上のあいだSimplicityをなんの不自由なく、愛着を持って、便利に使わせていただいており、わいひらさん作成したデザインテーマにとてつもなく好印象だからです。それに有料テーマ以上に、Cocoonさん、「これだけの機能を無料で使ってもいいの?」ってくらい、変更しようと思ったときのパッと見の印象や機能良すぎで有料テーマにする意味なしでしたもん!

テーマの変更となるとワンルームの引っ越し並に大変で面倒で、なかなか行動に起こせなかったんですけど、Cocoonに大きな魅力を感じて、大変さと面倒さより勝り、

  • 気分を一新しよう
  • 新機能を使ってみよう

と、思いっきってデザインのテーマを変更することにしたんですよね!

昨年8月当時にSimplicityからCocoonへと、テーマ変更は地味に面倒くさいなかで変更した5つの決定的な理由を詳しく書いていきます。また、実際に1年近くCocoonを使ってみた感想を書いていこうと思います

スポンサーリンク
スポンサーリンク

変更理由①:商品リンクがショートコードで作れるようになった

商品紹介の記事には、Amazonの商品リンクを載せることが多々あります。そのためのツールとして、“カエレバ”というものを使っていました。おそらく商品リンクの中では一番有名。

Cocoonではショートコードを書くだけで、“カエレバ”に似たAmazonや楽天市場などの商品リンクをで簡単に作ることができるようになったことが変更理由の1つ目です。これが「SimplicityからCocoonへと変更しよう!」と決断した1番の理由。

CocoonのショートコードにてAmazonの商品リンクを作成してみました↓

こういうのがショートコードだけで作れるので、非常に記事執筆が捗り便利です。この他にも色々なバリエーションが用意されており、ショートコードをいじるだけで、色々なバージョンを作ることができます。

サムネイル画像の下に複数の“カタログ写真”を表示したり、“Amazonの商品レビュー・口コミを見る”の文字を付けたりも。

Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングのボタンがないバージョン、

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 32GB - Alexa搭載
Amazon
高性能、高コスパタブレット。大迫力の高解像度1280x800の8インチHDディスプレイとDolbyオーディオのステレオスピーカー搭載

価格ありも、

一言入れたり、

画像も大きくしたりすることも。

GoPro HERO7 Black CHDHX-701-FW ゴープロ ヒーロー7 ブラック ウェアラブル アクション カメラ
GoPro(ゴープロ)
🚫ご注意ください🚫 この商品ページで販売されているHERO7 Blackは8月23日〜9月20日まで実施のボーナスキャンペーンの対象外です。

この他にも色々な機能が付いており、“カエレバ”になかった表現を豊富に表現することが簡単にできますよ〜!!

さらに、楽天市場の商品リンクも簡単にショートコードにて作成することができます(Cocoonに変更した当時は楽天市場対応はなかったような気がしますが後に新機能として追加されたかと思います)↓

“カエレバ”を経由しなくとも、Amazonと楽天市場、記事を書く画面だけで完結するので非常に商品リンクの作成が楽になり、記事執筆が非常に早くなりましたね!

スポンサーリンク

変更理由②:アフェリエイトリンクと定型文を登録して何度でも使える

2つ目の変更理由として、Cocoonではアフェリエイトタグやテンプレートタグを管理できるようになり、1度予めに登録しておけば、何度も使い回せることができるようになったことです。「SimplicityからCocoonへと変更しよう!」と決断した2番の理由。

アフェリエイトタグの管理

収益ブログ運営をするのに欠かせないアフェリエイトリンク。その際のアフェリエイトタグの管理が非常に面倒だったりします。

Cocoonでは、アフェリエイトリンクタグを一度登録しておけば、ショートコードを入力するだけで、以下のようなアフェリエイトが簡単に挿入できます

このように↓

じゃらんYahoo!ショッピングYahoo!プレミアム会員ならいつでもポイント5%以上

文字以外のバナー画像もショートコードでお手のものです。

RINXWILLER TRAVEL

何度でも同じアフェリエイトタグを使い回すことができるようになりました。非常に便利です。

「また、バナー広告を使いたい!」となっても、ショートコード入力で一発です↓

また、タグのリンク切れや広告側で仕様変更が発生した際には、従来だとアフェリエイトタグの差し替えを複数の記事にわたって修正する必要がありましたが、管理元を1箇所修正するだけで全ページに反映されるので、非常に便利です。

テンプレートタグの管理

記事を書いていると、何度も同じ文章を書くことがよくあります。

Cocoonでは、定型文をテンプレートとして登録して、ショートコードで何度も使いまわしできるようになりました

今までの記事で実際に使ったことがあるCocoonに登録してあるテンプレートをショートコードを使って表示してみます↓

本記事に書いてある商品の価格は、記事公開時点においての価格となります。最新の価格は、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの商品ページ内にてご確認をお願いいたします。
当記事で紹介しているキャンペーンなどは、内容に変更があったり、予告なしに終了されることがあります。そのため最新情報は、Yahoo!ショッピングのサイト内でご確認いただくようにお願いします。

この機能により、同じ文章を何度も書く必要はなくなり、また管理元を修正するだけで全記事に反映されるため非常に効率が良いです。ブログのメンテナンスが非常に楽ちんなわけです。

変更理由③:アップデート頻度が早く新機能が続々でてくる

3つ目の変更理由として、Cocoonのアップデートスピードはとにかく早いことです。また、Cocoonが登場してからSimplicityのアップデートが少なくなり不具合修正などのマイナーアップデートのみとなり、Simplicityに新機能が追加されることがほとんどなくなってしまったことも理由の一つです。

これらの部分も「SimplicityからCocoonへと変更しよう!」と決断した大きな理由の一つ。

Cocoon誕生から1年経った今でもアップデート頻度は、多いときでは週に2,3回、少ないときでも2週に1回は更新されているイメージです。僕は有料テーマを使っているサイトが別にありますが、有料テーマより明らかに多いです。こちらはあっても月に1,2回程度なので。

Cocoon利用者からの不具合報告や新機能の要望など意見を集めるフォーラムというものがあり、Cocoonを利用するユーザも多い為にやり取りが活発で、それら意見などを取り入れて、不具合修正のマイナーアップデートはもちろんのこと、新機能も続々追加されていっています。ユーザーファーストっていう考え方もいいですよね!

変更理由④:吹き出しが使える

4つ目の変更理由として、Cocoonではプラグインなしでも吹き出しを簡単に作れるようになったことです。

以下のような吹き出しをCocoonでは、簡単に作ることができるようになりました。

Aくん
Aくん

吹き出しが簡単に作れるよ〜!!

ノッツ
ノッツ

本当だ!LINE風もできるよ!!

Bさん
Bさん

考え事にも便利かも!!

Aくん
Aくん

おい、ノッツ、それはそうと、ブログサボらに書けよ〜!

ノッツ
ノッツ

はっ、はい…!!汗

このような感じで、WordPressの拡張機能であるプラグインが無くてもCocoonの機能を使って簡単に吹き出しを作れるわけです。Simplicityで吹き出しを使うには、自分でCSSを書いたり、プラグインを導入する必要があったので。

“いらすとや”や自分の画像を使っていますが、色々なアイコンを吹き出し画像として登録して使うこともできますよ!吹き出しをブログの文中に使うとアクセントとなり強調され、記事が読みやすくなるので非常にGOOD!

変更理由⑤:文章の装飾スタイルが豊富

5つ目の変更理由として、CocoonではSimplicity以上に文章に使える装飾スタイルが豊富に用意されていることです。無料テーマな装飾スタイルとしてはたくさんある方かと思います。

以下のようなスタイルを簡単に使うことができます。

文字

アンダーラインマーカー

フォントサイズ変更

注意喚起
白抜き
付箋風
カウンセリングを受けてみよう!
見出し

ラベルボックス

これらはほんの一部で、これ以外にもたくさんあります。

Simplicityのときも装飾スタイルはありましたが、Simplicityのときとは比べものにならないほどたくさんあるので、文章を書くのがはかどります!ブログ文章を読みやすくするには、装飾するのも重要なので。

実際に1年ほど使ってみて良いこと悪いこと

SimplicityからCocoonにテーマ変更して、1年近くCocoonを使ってみましたが、実際に使ってみた良いこと・悪いことについて最後に書いていこうと思います。

良いこと

Cocoonにして1年近く、何ら不満なく、使いやすく利用させていただいております

上記で紹介してきた、“Amazonの商品リンク”、“アフェリエイトタグやテンプレートタグの管理”、“吹き出し機能”、“装飾スタイル”はもう便利すぎます。

また、ウィジェットエリアが豊富で、「何かを配置したい!」と考える箇所には大抵にウィジェットエリアが用意されており、広告であったりを好きな箇所に簡単に挿入できるのも非常に良いです。

もちろん、SEO対策はバッチリで、ページ高速化対応であったり、モバイルフレンドリーであったり、簡単にAMP対応にできたり、完全完璧なレスポンシブデザイン対応だったりと、検索エンジンに最適化されているところもGood!

GoogleのAdSense広告もコード一つコピペすれば、簡単にブログに広告を収益性が高い位置に配置することができ、簡単に収益化ブログを作れることもメリットですね。

ブログのデザインをガラッと変えるスキンと呼ばれるものがたくさん用意されており、複数のデザインの中から好みのデザインを選ぶことができることもブログ初心者の方には優しいかと思います。続々新しいスキンが追加されており、Cocoonでも色々なデザインを選ぶことができますよ!

悪いこと

1年近く使ってみてCocoonが「悪いなぁ〜使いにくいな〜」と感じたことは、今まで一度もありませんが、しいて1つ上げるとしたら言えば、「Cocoonを一度使うと他のテーマには変更できない〜!」です。

機能が良すぎて変更したくないという意味でもありますが、上記で紹介してきた“Amazonの商品リンク”、“アフェリエイトタグやテンプレートタグの管理”、“吹き出し機能”、“装飾スタイル”は、Cocoon独自の機能で他のテーマに変更してしまうと、使えなくなってしまい、テーマ変更時に基本的には全てにおいて変更作業が必要となります。

ずっとCocoonを使っていく予定があればいいですが、頻繁にテーマ変更する場合においては、デメリットになってしまうのかもしれません。

あと、多くのカスタマイズができる半面、設定箇所が多いので分かりにくかったりで、ブログ初心者の方は理解するまでにちょっと時間がかかってしまうのも、デメリットの一つなのかもしれません。Cocoonの公式サイトには分かりやすく説明してあったり、分からなければCocoon利用者が多いので誰かのブログで調べたり、それでも分からなければフォーラムで質問すれば解決できるので大丈夫でしょう!

さいごに

3年以上使ってきたWordPressのデザインテーマをSimplicityからCocoonに変更した理由と、1年ほどCocoonを実際に使ってみた感想として良かったこと悪かったことを書いてきました。

無料のWordPressデザインテーマを選ぶならCocoon一択だ!!”と宣言してもいいくらい、Cocoonは非常におすすめです。Cocoonの前バージョンであるSimplicityを選ぶなら、Cocoonを絶対的に選ぶようにしましょう!!

ブログ初心者からブログ上級者までおすすめできるデザインテーマでございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました